後見業務

法定後見

お身内の方が認知症等で意思がハッキリしなくなってきている。
そんなときにこんなことでお困りではないですか?

他人に騙されて財産を散逸してしまうのではないか・・・
重要な契約を締結することが出来ない・・・

成年後見制度は、家庭裁判所の監督の下、家庭裁判所で選任された後見人等がご本人の財産管理・身上監護を行う制度です。

» 裁判業務ページへ

任意後見

将来、自分が認知症等で意思がハッキリしなくなった場合に、信頼できる人に財産管理等を任せたい。
任意後見制度は、将来このような事態に備えて事前に依頼したい事項を契約しておいて、実際に意思がハッキリしなくなった場合に、家庭裁判所が選任する監督人の監督の下、任意後見人がその契約に基づいてご本人の財産管理等を行う制度です。
遺言等を組み合わせてさらに安心な状態にすることも出来ます。

» 相続業務ページへ

新着コラム
ご相談・お問い合わせ お電話でのお問い合わせ 03-5369-9117 平日9:30~18:30 定休日 土・日・祝日 スタッフブログ